初めてのアフィリエイト~副業からはじめる実践方法~

 
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独自ドメインでつくるブログ・・・自動インストールとURLの変更

こんばんは、ゆみびとです。

きょうは前回記事の補足として、Xサーバーでのワードプレス自動インストール方法と、サイトURLの変更方法などについてちょっと書いてみます。

【それではまず、Xサーバーのインフォパネルへログインします。そして真ん中辺りにある赤枠のログインをクリックしサーバーパネルへ移動します】

 


【次にサーバーパネル左下にある「設定対象ドメインの変更」のところで、▼タブからワードプレスをインストールをするドメインを選択し「設定対象ドメインの変更」をクリック・・・変更後、”HOMEPAGE”の欄の「自動インストール」をクリックします】

 


【次に”自動インストール”画面で「プログラムのインストール」をクリックし、出てきた画面・・・利用できるシステム一覧の中から”WordPress 日本語版”の「インストール設定」をクリックします】




【そして出てきた設定画面で必要事項を入力します】

・バージョン=インストールするワードプレスのバージョンにより、「PHPバージョン設定」を変更する必要もあります
・インストールURL=下記に説明
・ブログ名=後から変更可能です
・ユーザー名=ワードプレス管理画面にログインする際のユーザー名になります
・パスワード=ワードプレス管理画面にログインする際のパスワードになります
・メールアドレス=ワードプレス側から設定完了などの通知を受け取るメールアドレスです
・データベース=「自動でデータベースを生成する」にチェックで作成の手間が省けます



またインストールURLについては、サイトのURLとなります。
サイトURLを~http://独自ドメイン.○○(jpやcomなど)~としたい場合は、/(スラッシュ)のあとの入力は不要です。
ただしワードプレスのファイルやフォルダをひとつにまとめたい、という場合は任意のフォルダ名を入力します。
その場合サイトのURLは~http://独自ドメイン.○○/入力した任意のフォルダ名~となります。

*サイトのURLをインストールした階層とは別の階層に設定することもできます(WordPress を専用ディレクトリに配置する) 

 


【そして「インストール(確認)をクリック後、下の画面で「インストール(確定)」をクリックします。またこれらの情報は忘れないようにメモ帳などに保存しておきます】




【無事インストールが完了したら、今度は赤枠のURLをクリックし、ワードプレスのログインパネルへ移動します】




【そしてワードプレスのログインパネルで、先ほど決めたユーザー名(ID)とパスワード(PASSWORD)を入力しログインします】




【ログインに成功すると、ワードプレスのダッシュボード画面になります。これでインストールはすべて完了です】




またワードプレスのファイルやフォルダを、”public_html”内に新しくフォルダを作成し、そのフォルダ内にインストールした場合・・・フォルダ名が仮にwpであれば、サイトのURLは、

・・・といった感じになります。

このサイトURLのアドレスを、

・・・といった感じにフォルダの階層はそのままにアドレスだけを変更したい場合、

WordPress を専用ディレクトリに配置するを参考に設定してみます。

まずはダッシュボード左側のメニュー欄から、「設定」⇒「一般」と進み「一般設定」の画面に移動します。

そして”サイトアドレス(URL)”の「/フォルダ名(今回はwp)」を消して、「変更を保存」をクリックします。

 


【次に今度は、下の画面のように”public_html”内にある「wp」フォルダと同じ階層に、「wp」フォルダの中にある「index.php」と「.htaccess」ファイルをコピーして並べます】 

 


【ただし今回は、「.htaccess」ファイルがすでに「wp」フォルダと同じ階層にありましたので、「index.php」だけをコピーしたいと思います】

  


【まず「wp」フォルダの中にある「index.php」を、ローカル側へダウンロードします】




【そしてダウンロードした「index.php」を、テキストエディタのTeraPadなどを使って開きます】

←そしてこの部分を、 

←これに書き換えます。 




【書き換えが終わり上書き保存も完了したら今度はその「index.php」を、「wp」フォルダのある同じ階層にアップロードします】

  


【「wp」フォルダと同じ階層に「index.php」と「.htaccess」ファイルが揃ったら、「/wp」を入力しない~http://独自ドメイン.○○~をブラウザで呼び出します】




【オッケーなようです!^^】



お疲れさまでした m(_ _)m


        
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます 

 

スポンサーサイト

独自ドメインでつくるブログ・・・ワードプレスのインストール

こんばんは、ゆみびとです。

きょうは、これまで書いてきた独自ドメインでつくるブログ・・・サーバーや独自ドメインといったものを用意しましたので、

今度はブログやサイトを作るために必要な、ソフトウェア"Wordpress(ワードプレス)"のインストール方法をちょっと書いてみます。

*ワードプレスとは・・・Wikipedia 

ちなみにゆみびとが借りてるXサーバーでは、ワードプレスの自動インストール機能が付いてますが、

今回はそれを使わずインストールします。

【インストールの流れ】
1.ワードプレスファイルのダウンロード
2(3).サーバーのデーターベース情報の準備
3(2).FTPソフトを使って、ワードプレスファイルをサーバーにアップロード
4.ワードプレスにログインで完了!


まずワードプレスの公式サイトから、最新バージョンのワードプレスをダウンロードします・・・WordPress日本語版オフィシャルサイト

【公式サイトの右側にある、"WordPressをダウンロード"をクリック・・・】

 


【そしてダウンロードしたファイルはZIP形式ですので、Lhaplusなどの解凍ソフトを使い解凍します。 】




【で、解凍したファイルを開いてみると、ワードプレスを構成するファイルやフォルダが納められてますね・・・アップロードではこれら全部を、FTPソフトを使ってアップロードしたいURLにアップロードします】




またアップロードをする際は、アップロードした階層(場所)がブログのアドレスになります。

取得した独自ドメインが"http://○○○.jp"といった場合、このドメインをそのままブログアドレス(http://○○○.jp/)としたいときは、

"public_html"の階層(場所)にファイルやフォルダをアップロードします。

 


また"public_html"の階層(場所)に新たにフォルダを作成し、そのフォルダ内にWordpressのファイルやフォルダをアップロードした場合・・・

そのフォルダ名が仮に"wp"であれば、ブログのアドレスは"http://○○○.jp/wp/"といった感じになります。




【今回は取り敢えずドメイン直下となる"public_html"の階層(場所)に、ファイルやフォルダをアップロード・・】

*またアップロードの際はファイルやフォルダを全選択し、まとめてアップロードすることも可能ですが、

ファイルが抜け落ちるなどのアップロードミスもたまにありますので、ひとつずつアップロードした方が間違いはありません。




・・・そしてアップロードが完了したら今度は、利用するサーバーでのデータベース情報を作成します。

【Xサーバーを例にするとインフォパネルからログイン後、設定対象ドメインのトップページにある「DATABASE」の欄の"MySQL5"をクリックします】

 


【そして「MySQLの追加」をクリックし・・・】

 


【MySQLの設定画面で、自分でわかりやすい名前の任意のデーターベース名、文字コードには”UTFー8”を入力し、赤枠の「MySQLの追加(確認)」をクリックします】

 


【そして、「MySQLデーターベースの追加(確定)」をクリック・・・】




【データベースの追加が完了したら今度は、「MySQLユーザーの追加」をクリックします】




【そして、"MySQLユーザID"の欄には自分でわかりやすい名前の任意のユーザーIDを入力し、パスワードを設定(ホスト名は自動挿入)します・・・終わったら「MySQLユーザーの追加(確認)」をクリック・・・】




【確認されますので、問題なければ「MySQLユーザーの追加(確定)」します】




【最後に"MySQL5設定"の「MySQLの一覧」画面で、▼タブからいま追加したユーザーIDを選択し、赤枠の「追加」をクリックすると、データーベースの設定が完了となります】




【あとはブラウザの画面に戻り、先ほどアップロードした場所のURLを入力しますと、必要情報を入力する下の画面が出てきます】 

 


【ユーザー名とパスワードは、ワードプレスの管理画面にログインする際必要となります。また必要情報は後から変更することも可能です。入力が終わりましたら、赤枠の「WordPressをインストール」をクリック・・・】

 


【そして下の画面が出ましたら、インストールは完了です。試しにログインしてみます・・・】




【↓ワードプレスの管理画面ですね^^・・・あとはここから独自ドメインブログの運営をすることになります】





・・・お疲れさまでした m(_ _)m

   



人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます     


 

検索エンジン最適化~キーワード

こんばんは、ゆみびとです。

きょうはちょっと、「SEO対策」・・・といわれるものについて少し書いてみます。

SEO対策とは?=検索順位を上げるために、サイトやブログに施す対策のことですね。

たとえばゆみびとのこのブログ・・・「初めてのアフィリエイト~副業からはじめる実践方法~」は、

SEO対策というのを普段まったく意識してませんが、SEO対策済みのテンプレートは使ってます。

そこで、検索エンジンのGoogleに一番拾われてるキーワード・・・「アフィリエイト 副業」という複合キーワードをGoogle検索で入力してみると、

検索結果1ページ目、14、500、000件中2番目に「初めてのアフィリエイト~副業からはじめる実践方法~」のトップページがありました。←(現在は降下中~)

「アフィリエイト 副業」の検索結果  

そして記事ベースで今度はGoogle側によく拾われてるキーワード・・・「gimp ロゴ」の複合キーワードをGoogle検索で入力すると、4、360、000件中12番目にここのブログの記事・・・「画像加工ソフト・GIMP~ロゴ画像の作成」が出てきます。←(こちらは現在2位)

「gimp ロゴ」の検索結果

と、これらは検索エンジン側で、「初めてのアフィリエイト~副業からはじめる実践方法~」は、”アフィリエイト 副業”のコンテンツ情報が入ったブログであり、

記事のひとつ「画像加工ソフト・GIMP~ロゴ画像の作成」は、”gimp ロゴ”に関して(12番目に)コンテンツの詰まった記事であると、検索エンジン側で評価してるのではないかと思います。

てことで、これらのブログやサイト情報を集めるのがクローラーと呼ばれるGoogleロボットなわけですが、そのロボットに対して、SEO上効果的なページ情報の伝え方をちょっと書いてみます。


まずよく言われることですが、クローラーと呼ばれるGoogleロボットは、そのタイトルの左側に位置するキーワードほど重要であると判断します。

なので、今回の12位に位置したこの記事→「画像加工ソフト・GIMP~ロゴ画像の作成」でいえば、

「gimp ロゴ]というキーワードをもっとアピールしたければ、

「GIMP・ロゴ画像の作成~画像加工編」・・・といったように、左側にそのキーワードを持ってきます(タイトルの意味は変ですが・・・)


また今回のような記事タイトルの後にブログなどのメインタイトルを一緒に入れると、ブログとページとの関連性が強化され、それがのちに、ブログ全体の関連強化にも繋がります。

たとえばここのブログのメインタイトルは「初めてのアフィリエイト~副業からはじめる実践方法~」なので、

↓それぞれのタイトルの間に”半角スペース”‐(ハイフン)”半角スペース”の区切りを入れて、

「GIMP・ロゴ画像の作成~画像加工編 - 初めてのアフィリエイト」

といった感じに仕上げます。


そしてタイトルの文字数については34文字以上になりますと、下の画像のように途切れて表示されますので、見栄えを考える場合は34文字以内に納めましょう。

タイトルが途切れてる画像 


と以上で、タイトルに関してはこれで終わりですが、

あとは、そのタイトルキーワードに合った内容の記事を、本文の中に散りばめて、今回でいえば「gimp ロゴ」に関するキーワードに絞った記事に仕上げます。

またもし記事の中で、画像などを使うといった場合は、

画像タグのalt属性を使って、

画像タグ 

ロボットは画像が読み取れないので、altのところに、画像が何であるかの説明文も入れてあげます。

・・・ちなみにゆみびとはこれまで、alt属性を活用する手間を省いてきましたが、画像が大半を占めたGIMPの記事が検索に拾われたことを考えると、Gooleロボットは文章だけで、「gimp ロゴ」に関して書かれた記事であると判断できたようです。


そして最後にmetaタグの活用ですが、SEO対策済みといわれるテンプレートには必ずこのmetaタグが入ってます。

↓独自ドメイン用のテンプレート(賢威)↓

賢威のテンプレート 

↓無料ブログ用のテンプレート(KAETEN)↓ 

KAETENのテンプレート 

スパムが流行ってSEO的にはそれほどの効果は無くなったとのことですが、検索エンジン側に対して、ブログやサイト情報を簡単に教えることのできるタグですので、

HTMLテンプレートの<herd>の下にある、metaタグが並んだところにこのタグがないときは、これを入れることでサイト情報を検索エンジン側に伝えることができます。

メタキーワードのタグ   

まずこの↑”メタキーワード”↑と呼ばれるタグには、○のところに検索上位させたいキーワードを半角コンマ区切りで3~5個程度入れます。

・・・検索エンジンはメインタイトルをそのサイトの重要キーワードと考えますので、メインタイトルで検索上位させたいキーワードを入れ、このタグと絡めると効果的です。

例:「初めてのアフィリエイト~副業からはじめる実践方法~」⇒”アフィリエイト,副業,方法”

メタディスクリプションのタグ   

そして↑”メタディスクリプション”↑と呼ばれるタグに、そのサイト(ブログ)の説明文を入れてあげます。 

例:”副業で、初めてアフィリエイトに取り組むための実践方法を紹介します。”

・・・と、多少の誇張はありますが(笑)、こんな感じで記入します。

そして2つのタグを、HTMLテンプレートの中の<herd>の下にある、metaタグが並んだところに入れると完了です。
(HTMLをいじる場合は必ず先に、今の状態を保存しておいてから行ってください)


と以上で、これらのSEO対策はほんの一部分ですが、検索エンジン側にサイト情報を伝えるための基本的な対策ですので、参考にしてみてください。



人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます 
 


 


















 
 





    
FXニュース    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。